TEL.0745-78-4580(8:30~17:30 日除く)

FAX. 0745-76-6265

お問い合わせ

HIKITA GROUP

HIKITAについてABOUT HIKITAGROUP

沿革HISTORY

沿革

1961年

疋田建設(現:疋田砕石)を創業

砕石製品の製造・販売等を行っております。主たる販売先は、当グループに属する『ヒキタ商事』となっております。

~ 創業当時を振り返って ~ 
創業者:疋田 倫一

1961年(昭和36年)現在の疋田砕石となる疋田建設の創立までにはいろいろなことがありました。
昭和28年、当時二十歳の私は木津川や五條から川砂や砂利を買い建材店に販売する仕事をしていました。気性的に、誰かのもとで働くという考えはなかったのでどこかに勤めるという選択肢はありませでした。

何年か経ち、お客様の生活に寄り添うような仕事をしたいと漠然とした思いに駆られていきました。
丁度そのころ、当時の家の真横にあったJR王寺~五條の保線仕事があり、これに携わることで一般土木の許可をとることになりました。創業と言う意味ではこの土木工事に端を発しています。

一般土木の仕事をしていましたが、小さな拾い仕事が大半で、このままではだめだと思い、宅地造成を、どこかの下請けではなく自社で宅地開造成していくことをハウスメーカーやゼネコンや企業に売りこむという発想に転換していきます。
地価がどんどん上がっている時代、新聞広告に団地の募集をかけると2、3日で完売になるような時代でした。

御所の葛城団地、大淀町の団地と、たくさんの人の支えもあり、順調に工事を任せてもらえるようになりました。
そんな折、縁あって以前より砕石を購入に行っていた五條の砕石場を買い取らないかという話があり、その時も、その土地を賃貸されていた方々や支えてくれた方々のおかげで、1972年11月五條プラントが完成し、屋号を改め、疋田砕石への第一歩を踏み出すことになったのです。

順風満帆でない時ももちろんありましたが、都度、都度の転換期に人に恵まれ、今日まで来ることができました。

1972年

五條砕石場にて、
砕石製品製造・販売を開始

五條市において、日産最大処理能力2,400tを誇る砕石工場を建設。以後40年に渡り、2015年に閉鎖するまで砕石業務が行われていた。

1987年

二上砕石場を設立

二上工場では良質な安山岩を大量に得ることが可能。原石を発破などにより破砕し、様々なプラントによって適宜砕石製品を製造。
弊社では、最先端技術を駆使し、常に均一で優れた砕石を効率よくかつ安全に生産することが可能。

後に、砕石をしていた二上山周辺は国定公園として認められ、そこから生産される砕石製品の質の高さや砕石後の処理(品質チェックされた再生土を埋める)も評価されるようになる。

2006年~

第1・第2プラントを建設

建設当初、プラントの汚泥処理能力は98m3でしたが、1日最大3,056t(当時最大処理量)にまで拡大。そんなプラントを有する二上工場では最新鋭のリサイクルシステムを設置。
ゼロエミッションを掲げながら、徹底した品質管理を行い、お客様に安心して使用いただける再生土を生産している。

2015年~

太陽光発電機を設備

疋田砕石五條砕石場の採石事業が終了したのを機に、同土地の120万m3に土を入れて採掘前の形状に復元し、7万m3に9千枚の太陽光パネルを設置。土地の有効活用及び環境活動に貢献。

2018年~

第3プラント完成

1日で3,200tの汚泥を処理できるプラント(第3プラント)が完成。高機能な機器を備え、作業時間の短縮や原料搬送の効率化、生産性・安全性を高めた処理施設として稼働をしている。
現在では、3プラント合わせて最大処理能力6,256t/日となっている。