TEL.0745-78-4580(8:30~17:30 日除く)

FAX. 0745-76-6265

お問い合わせ

HIKITA GROUP

事業内容BUSINESS AREAS

  1. HOME
  2. 事業内容
  3. 汚泥・ばいじん・燃えがら・鉱さいの処理の流れ

汚泥・ばいじん・燃えがら・鉱さいの
処理の流れFLOW OF SLUDGE, SOOT, CINDER, AND SLAG

企業からの産業廃棄物及び建設工事から排出される産業廃棄物

弊社にご相談頂いた産業廃棄物は、排出場所や種類に関わらず、まずは受け入れができるものかどうかを検査させていただきます。含有物などを確認し、弊社で責任を持って処理・リサイクルできるかを検討し、プラント処理まで行います。

ご相談

受け入れ可否判定

1次品質管理

受け入れ前の廃棄物を、弊社でリサイクル可能か否かの評価を行います。

検査内容:

溶出・含有検査
薬剤・固化剤反応試験 等

>詳しくはこちら

委託契約

造粒固化
プラント

造粒固化とは廃棄物に特殊固化材・薬剤等を添加し、混練・撹拌させ粒状に造粒する処理方法です。造粒固化処理によって第2種再生土としての強度を確保し、同時に廃棄物中に含まれる重金属類を不溶化します。弊社には、造粒固化処理プラントを3つ設けており、日本全国でも上位の日量6,256tの処理能力を有しております。

2次品質管理

プラントで製造された
再生土の簡易測定を行います。

検査内容:

再生土簡易測定(2時間/回)
再生土強度試験(1,000m3日/回)等

第1プラント

混合性能に優れたアイリッヒミキサーを装備し、廃棄物中に含まれる重金属類の不溶化に特化したプラントです。
主に企業系汚泥・鉱さい・ばいじん・燃え殻の処理を行います。
処理能力:800t/日

>詳しくはこちら

第2プラント

連続式ミキサーにより、短時間に多量の廃棄物処理を可能としているプラントです。
主に排出量の多い建設系汚泥の処理を行います。
処理能力:2,256t/日

>詳しくはこちら

第3プラント

全自動原料供給クレーンや高い撹拌性能を持つアイリッヒミキサーなど、高い技術が組み込まれた日本屈指の処理能力を誇るプラントです。
主に汚泥・鉱さい・ばいじん・燃え殻の処理を行います。
処理能力:3,200t/日

>詳しくはこちら

3次品質管理

公定法を用いた測定を行います。

検査内容:

溶出・含有試験(1日/回)
廃棄物抜き打ち検査(随時)

再生土

造粒固化処理後、2日間の養生を行い、廃棄物は再生土として生まれ変わります。お引き受けした産業廃棄物は、100%リサイクルしております。

4次品質管理

土木資材として利用できるかを外部の分析機関に委託し、品質を確保しています。

検査内容:

外部分析委託(1ヶ月/回)
骨材試験(6ヶ月/回)

製品出荷

ゼネコン各社等へ盛土材として出荷し、造成・土木工事等に使用されています。

修景盛土

再生土材は、疋田砕石での採石跡地の修景盛土材として利用します。